無保険車傷害保険の役割について

窓自動車の運転によって他人を死傷させた場合、加害者には損害賠償の責任が発生し、ときには数億円という規模の巨額の賠償金額となる可能性もあります。そこで、多くのドライバーは、自動車を運転する上でのこうしたリスクに対応して、法律により強制加入の自賠責保険のほかに、民間の損害保険会社が提供する任意の自動車保険に加入しています。
ところが、こうした自動車保険に加入しておらず、事故が起きた際にも十分な賠償能力をもたないドライバーも、あまり多くはありませんが存在していることは確かです。
こうした保険に加入していない自動車との事故により、搭乗中の人が死亡または後遺障害を負った場合に、必要な補償を受けられるようにすることを役割とした保険が「無保険車傷害保険」と呼ばれるものです。
この保険が適用される場合には、相手の保険ではなく、こちら側の保険のほうからあらかじめ決められた保険金が支払われることになり、いざというときにも安心です。また、たとえ相手が保険に加入していた場合であっても、相手の保険から下りる金額が少ないなどの場合には、この保険により差額分が補てんされます。
ただし、保険金の支払いは死亡または後遺障害の場合についてというのが原則ですので、ケガのみの被害や物損事故については保険金が支払われません。
和室